メンテナンスの必要がない自毛植毛

植毛は、薄毛部分に毛髪を移植するという美容外科手術です。人口毛を使用する方法と自身の毛髪組織を使用する方法とが考案されています。自身の毛髪組織を移植するのが自毛植毛であり、安全で確実な育毛治療として、医学的にも高い評価を獲得しています。

 

人口毛を使用する方法は、免疫拒絶反応を起こす可能性があり、定着率にも問題があります。このために、定期的なメンテナンスが必要であり、場合によっては再手術を行わなくてはならないケースもあります。これに対して自毛植毛は、副作用が生じる危険はありません。しかも、メンテナンスは基本的に不要です。

 

自毛植毛で使用するのは、側頭部や後頭部に残っている毛髪組織です。これらの部分は、かなり薄毛が進行している人でも健康的な状態を保っています。つまり、その人が抱えている薄毛の原因に対しても、影響を受けなかったという事になります。

 

自分の毛髪組織を移植するので、定着率は高くなっており拒絶反応が起きる事もありません。後頭部や側頭部で成長していたように、移植先でも成長する事になります。自然な生理現象として薄毛が回復されるという事であり、特別なメンテナンスは必要がありません。一度の施術で薄毛の根本的な問題を完全に解決する事が可能です。

 

自毛植毛は、薄毛部分を隠せるだけの健康的な毛髪組織が残存しているという事だけが条件であり、あらゆるタイプの薄毛に対応する事が出来ます。女性の薄毛に対しても、当然有効です。