傷跡の心配の無い自毛植毛

薄毛は病院で治療することが当たり前となりつつある昨今ですが、数ある治療法の中で注目度が著しく上昇しているのが、自毛植毛です。
植毛の施術の中でも、人工毛植毛は拒絶反応や頭皮トラブルなどのリスクがあることで知られていますが、自毛植毛は文字通り植えるのは自分の毛髪である為、拒絶反応の心配がありません。
そんな自毛植毛に関して、施術を検討する多くの人が不安を抱くポイントが、術後の傷跡です。
メスを使用して毛包を採取する方法の場合、当然ながら抜糸後に傷跡が残ってしまうリスクを伴いますが、短髪にした際などに、これが目立ってしまうケースもあります。
せっかく自毛植毛で薄毛を解決したのにも関わらず、傷跡を気にして自由にヘアアレンジを楽しめないようでは意味がありません。
しかし、現在ではメスを使用せずに毛包を採取し、傷跡のリスク無く自毛植毛の施術を行う技術が確立されています。
メスを使用しない施術方法のメリットとしては、傷跡の問題はもちろんですが、回復が早い為ダウンタイムが短い点も挙げられます。
また、メスで帯状に採取する方法と異なり、弱った毛を避けて採取することができるので、生着率に優れている点も大きなメリットです。
自毛植毛の施術は、数ある薄毛治療法の中でも決して安いものではありませんが、メンテナンス不要で健康な毛髪状態を維持できる為、長期的には手間とコストの両面で有利な選択となります。
自毛植毛に対して傷跡の懸念を抱いている場合は、メスを使わない施術をチェックしてみましょう。