仕上がりが自然な自毛植毛

男性に多い薄毛であるAGAは若い時から症状が出る事も多く、進行性のため早い治療が成功の鍵になります。いったん毛根が衰えてしまうと再生能力がなくなるため、その部分は髪の毛がない状態となります。前頭部やてっぺんなど部位は個人により様々ですが、一部でも自分の紙が残っている場合、自毛植毛の治療を受ける事ができます。人工毛を植える場合に比べて仕上がりが自然で、違和感がないのが特徴です。施術に先立って植毛本数と密度を検討し、費用や本人の希望に合わせて施術法を決定します。ストリップ法では頭皮を細長く切り取り、多くの毛包を植え付け、採取後の頭皮を縫い合わせます。これに対し毛束ごとに移植をする方法ではメスを使わず専用の器具で毛根ごとくりぬきます。どちらも直後は傷痕ができるものの、時間の経過と共に目立たなくなります。健康な毛根を植え付けつけるので自毛植毛での毛の生着率は9割以上と非常に高く、伸び方も自分の毛なので自然です。数か月ほどで自毛植毛は目に見えてわかる程度の仕上がりになります。費用は面積や本数などによって異なります。また必要に応じて追加手術も可能です。終わってしばらくはダウンタイムのため腫れや痛みを感じますが、この時こすったり強い刺激を与えると植毛した毛が落ちてしまう事があるので注意が必要です。一度定着した毛は自然に生え続けるので特にメンテナンスは必要ありませんが、刺激のあるヘアケア用品は避けるようにします。